Zoomミーティング本番。

一昨日、昨日と予行演習を重ねたZoomミーティング、今日が本番。 その模様をスマホで撮る。 バリバリの現役、PCを駆使して仕事をしている京子さんの導きで、参加者全員無事入室できた。 山宣も、雪深い妙高高原の男も、長年ロスに住んでいる(ワクチン…

初場所千秋楽。

大相撲初場所、大栄翔が優勝した。よかった。 終盤、正代との並走が続いた。が、あんなサーカス相撲で勝ちをあげている正代などに負けてほしくなかった。大栄翔に優勝してもらいたかった。 そうなった。嬉しい。 9日目、綱取りと言っていた貴景勝は何と7敗…

バイデン就任式 まともな国になったな。

トランプは去った。また戻ってくるなんて言っていたらしいが、そんなことを許しちゃいけない。きっちりと弾劾しないと。 もとよりどうしてあんな嘘ばかりつく男をアメリカの大統領にしたのか不思議であるが、今となっては過ぎたこと。上院での弾劾裁判にアメ…

初場所中日。

26年となる。 阪神・淡路大震災、26年前の早朝だった。その映像に驚いた。6434人が亡くなった。 半年後、神戸へ行った。三宮の駅前にもまだ瓦礫の山があった。電車の窓から見た長田の町はブルーシートだらけであった。 その後、何度か神戸へ行ってい…

驚く。

昨日の朝日朝刊の「寂聴 残された日々」は、<今年の正月で、私は数え百歳になった。>と書き出される。タイトルは「67 数え百歳の正月に」。 月に一度の掲載だから、「67」ということは5年以上5年半ほどになる。瀬戸内寂聴、5年半ほど前、94、5歳…

うし。

丑年である。 昔に比べれば少なくなったが、牛を描いた「オッ面白い」という年賀状が幾つも届いている。 今年こそはと思っていたが、私は今年も年賀状を出すことはできなかった。昨年末、まだ郵便局が開いている頃、年賀状を買いに行った。インクジェットで…

漆黒ジャージーの天理、強かった。

漆黒のジャージーの天理、やはり強かった。ついに大学選手権で優勝した。 今年はこうなるのじゃないかと思っていた。このところの天理、強い。特に今年の天理は強い。 天理、悲願の初優勝。そして1982年から84年にかけて3連覇した同志社以来、37期…

団子状態になるな。

大相撲初場所、今日初日。 緊急事態宣言のテロップが流れる。 日本相撲協会理事長・八角信芳、役力士を従え協会挨拶。 新型コロナによる死者へのお悔やみ、闘病中の人たちへのお見舞い、そして医療従事者への感謝を。 今場所の役力士、 先場所、横審から注意…

うつらうつら。

ここ暫らく、日がな一日うつらうつらしている。 昼近く起きる。酒を飲む。さほど多く飲むわけではないが、背を倒した座椅子に座る。と、うつらうつらする。暫らくした後気がつくと、また酒を飲む。で、またうつらうつら。時間が経っていく。一日にプロテイン…

呑み鉄本線日本旅。

碌に見ていなかったが箱根駅伝、最終10区で駒沢が大逆転を成し遂げた。終始トップを走っていた創価大の監督、「私の選手起用の間違い」と選手を庇っていた。 往路大きく出遅れた青学は、4位に順位をあげた。やはり往路で出遅れた早稲田と明治は、早稲田は…

ラグビー大学選手権準決勝。

今年のラグビー大学選手権は面白い。 準決勝に歩を進めた4校、明治、早稲田、帝京の関東対抗戦の上位校に加え関西トップの天理、これが堪えられない。 ここ数年の天理は強い。ベスト4の常連だ。 今日の準決勝、第一試合は早稲田対帝京、第二試合は明治対天…

年明け。

年が明けた。 間もなく80となる。驚きだ。 今日は酒を飲んでいた。お雑煮を食うことができた。ひとつであるが餅も食った。 養命酒も飲んでいる。養命酒を勧めてきた古い友人が、プラセボ効果というものがあるぞ、養命酒は効くぞと言う。そうだと思う。山田…

年の瀬(続き)。

昨日までの3夜連続、NHKBSでコッポラの『ゴッドファーザー』パート1からパート3までが流された。3作合計約9時間。久しぶりで観て堪能した。 で、昨日は何人かの人からのメールにも返信もせず、再開したブログも休んだ。 1901年、シチリアを逃…

年の瀬。

年の瀬となってしまった。 足の痺れや腰の痛みは、脊柱管狭窄症なので常時付きものなのだが、今月8日、ブログを記している途中で手や肩、身体中が痛くなってきて中断した。 2、3日経ったら復活しようと思っていた。しかし、その少し後からものが食べられ…

12月8日。

<昭和十六年十二月八日 月曜日 午前零時十五分、在本邦米国大使ジョセフ・C・グルーは外相官邸を訪れ、大統領の天皇に対する親電を・・・、・・・直接天皇に奉呈したき旨を述べ、・・・外務大臣東郷茂徳に・・・、なるべく早く謁見できるよう特別の配慮を…

マンク。

1894年、リュミエール兄弟が映画を創りだして以来、これぞ名作と言われる映画が次々に生みだされた。歴代トップは? と。 私自身は、フランシス・フォード・コッポラの『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』、マーティン・スコセッシの『タクシー・ド…

ジョーカー。

知らないことが多くある。アメコミのことである。 日本のマンガもまるでからっきし知らないのに、アメリカン・コミックスのことを知らないなんて当たり前である。 その名だけだが「バットマン」というのは知っている。アメコミのヒーローのひとりだそうだ。 …

異端の鳥。

人間は、自らと異なる異物に対してはこれほどに残虐になれるのか。過激、残虐な映像が次々に現れる。 今年のヴェネツィア国際映画祭では、黒沢清の『スパイの妻』が銀獅子賞(監督賞)を取ったが、昨年のヴェネツィア映画祭の金獅子賞(作品賞)を取ったのは…

50年。

昨日は、腹立たしくて仕方なかった。急に文字が打てなくなった。どうしてもウンともスンとも行かない。 「50年」ということについて記そうと思っていたのだが、今日でなければ「50年」じゃなくなっちゃうじゃないか。明日ならば正確に言えば「50年1日…

大ちゃん、間もなく定年。

大ちゃん、来月9日に満65歳となり、日本相撲協会を定年となる。 昨日打ち挙げた大相撲11月場所中日のNHK正面解説は、大ちゃんであった。 元大関朝潮太郎の高砂親方、大ちゃんの愛称で知られた。 私の好きな力士であった。 近大の時、2年にわたり学…

おかしな場所であったな。

今日、大相撲11月場所千秋楽。一年納めの場所であった。 が、何ともおかしな場所であったな、という思いがある。 初日から白鵬、鶴竜の両横綱が不在であった。ならば優勝候補の筆頭と言われていた朝乃山は早々と休場した。次いで新大関の正代も休場。横綱…

博士と狂人。

OED(オックスフォード英語大辞典)の誕生秘話。 原作は、1998年に発表されたサイモン・ウィンチェスターのノンフィクション。まったく異なる背景を持つ二人の天才の物語。 『博士と狂人』、監督:P.B.シェムラン。アメリカ映画。 原作発表直後の2…

鵞鳥湖の夜。

『菊とギロチン』の瀬々啓久は、「アントニオーニとタランティーノと増村保造が一気に駆けめぐる」と言い、『スパイの妻』の黒沢清は、「ベルトリッチと清順とそしてゴダールまでもが混在した実に挑戦的な・・・」と語っている。こんなにエッジの立った古今…

マイルス・デイヴィス クールの誕生。

「人生は冒険であり挑戦だ。安定を求めるものじゃない。創造を続けるには変わることだ」、マイルス・デイヴィスが語った言葉である。 『クールの誕生』(1949-50年)、『カインド・オブ・ブルー』(1959年)、『ビッチェズ・ブリュー』(1969…

ライフ・イズ・カラフル!

初来日は1958年。60年安保の前、日本はまだ政治の季節であった。 中国へは1979年に行っている。文化大革命が終わってまだ2年しか経っていない時代。中国人のほとんどは人民服を着ていた時代である。そこへパリのファッションを持ちこんだ。驚くべ…

ソニア ナチスの女スパイ。

これも1940年の物語。 第二次世界大戦中のナチスドイツ占領下の北欧ノルウェー。実話に基づいている。 ソニア・ヴィーゲット、1913年生まれの実在の人気女優。 ノルウェーを占領したナチスは、人気女優のソニアをプロパガンダに使おうと画策する。 …

スパイの妻。

1940年の神戸。 満州事変、日中戦争と中国大陸で戦いを拡大していく日本、米英蘭その他世界中を相手にした太平洋戦争も間近である。 戦争突入の前夜。神戸で貿易会社・福原物産を営む福原優作とその妻の聡子。神戸の山手、芦屋か御影あたりに建つ豪邸。…

大相撲11月場所7日目。

大相撲11月場所、今日7日目であるが、今までとずいぶん趣を異にする。 11月場所初日3時5分、NHKの場面。] 両横綱、共に休場。 最大の話題は新大関の正代。 役力士を従えた日本相撲協会理事長・八角の挨拶。 先場所千秋楽、負け越し来場所は十両へ…

平和祈念展示資料館。

8月22日、NHKでおざわゆきの『凍りの掌』を基としたマンガとドラマのコラボが流され、そのことを記した。「お父さんと私の”シベリア抑留”」。 その折り、死んだ親父が残した『シベリア抑留 スケッチ集』のことも合わせ記した。最後に、私が持っていて…

やっと決着。

一昨日、バイデンが激戦州で急伸、過半数までの選挙人数で王手をかけている、と報じられた。まだ競り合っている5州の内どこかひとつを取れば、それで勝ちという状況になっていた。 が、昨日はその状況が動かない。郵便投票の得票差が僅差なので慎重に開票作…