ヨコトリ2020(9) 番外。

f:id:ryuuzanshi:20200924183452j:plain
プロット48を出た後、所用があり帰る2人を除き、残った4人を級長の小澤がタクシーが捕まる所まで誘導、中華街へ行った。前回と同じ招福門へ入る。
席へ案内され、よっこらしょと腰を下ろす。荷物はこちらへと言われ、アレレ荷物がないことに気づく。小さなリュックを背負っていたのだが、どうもプロット48のロッカーへ忘れてきたようだ。
だんだんボケーとするようになったのか。
級長の動きは早かった。ヨコトリに限らず、今パンフなどには電話番号が載っていないことが多い。が、さすが級長、プロット48の係員に辿りついた。8時までならいるとのことで、級長は自分が取りに行くと言う。
着替えが入っているでしょう、薬もあるでしょう、と言う。責任感の強い級長だ。
そんなのはどうってことはない。普段でもそう着替えなどしなくても平気だし、薬も飲み忘れることが日常。ただ、スマホの充電コネクターが使えないのが困るが、それも無きゃ無いでいい。
f:id:ryuuzanshi:20200930130716j:plain
プロット48は左下、中華街は右端。
私は久しぶりに横浜に泊まる。翌日、のんびりと取りに行くことにする。
f:id:ryuuzanshi:20200918185833j:plain
3年ぶりの招福門、店内には配膳ロボットが走っていた。おそらく中国製なんだろう。
f:id:ryuuzanshi:20200918195613j:plain
桜木町駅前のJR東日本のホテルメッツへ。
タクシーに乗る時、級長の小澤は「お金持ってる? カード持ってる?」と言う。何でもかんでも級長頼り、小澤がいなけりゃオレたちどうすりゃいいんだ、という状態。
JR東日本ホテルメッツ、この6月に開業したばかり。ビジネスホテルではあるが、何も足さない何も引かないという上品なホテルである。
JR東日本、あちこちにホテルがある。いずれも駅前。リーズナブルなB&Bである。
東日本大震災の翌年の2012年、釜石から気仙沼までのバスが復活したので三陸へ行った。
釜石に入る前、遠野へ行った。遠野の駅の上のJR東日本のホテルフォルクローロに泊まった。朝、部屋のカーテンを引いたら真下にホームが見えた。が、遠野のJR東日本のホテル、その後なくなった。
遠野はよく知られた町であるが、実際に訪れる人は少ないのであろう。
その3年後、2015年に八戸から久慈、宮古、釜石、盛(大船渡)、気仙沼、石巻、松島海岸、と三陸沿岸を南下した。その折り釜石ではJR東日本のホテルフォルクローロに泊まった。3年前の釜石では、「寝間着がないので持ってきてくれ」という、私以外泊まっているのは復興作業員ばかりという民宿に泊まったが、3年後の釜石駅前のJR東日本のホテル、快適だった。
桜木町駅前のJR東日本のホテルメッツ、泊まったのは7800円の部屋であったが、GO TOで2千7、800円が割り引かれていた。
f:id:ryuuzanshi:20200918200656j:plain
JR東日本のホテルの建物に入ると、レトロな蒸気機関車があった。
鉄道に関する展示がある。横浜の歴史鉄道展示、へー面白い。明日改めて記す。
f:id:ryuuzanshi:20200918212928j:plain
ホテルへ入る前、桜木町駅のコンビニで夕刊を買おうと思った。が、一般紙は置いてなくスポーツ紙とゲンダイとフジのみ。久しぶりに日刊ゲンダイを買った。
菅内閣の支持率、60何パーセントとか70何パーセントとか言っている。テレビもしきりにヨイショしている。しかし、日刊ゲンダイは菅義偉を叩いている。<ドス黒い顔>って。
f:id:ryuuzanshi:20200918213022j:plain
菅義偉、腹黒いぞ。
ぼんぼんの安倍晋三が懐かしくなる。
f:id:ryuuzanshi:20200918213042j:plain
菅義偉、今日も日本学術会議の新しい委員の任命に関し、6人の任命を拒否した。政権に批判的な考えを持つ学者を。過去にないことだそう。
菅政権、強権政権となる。
腹の中に野心を隠した菅義偉を政権の座につけた、二階と麻生の責任だ。
翌日、月餅を買うため中華街へ行ったら、「菅さん、頑張って」という旗が立ったお菓子の箱が積み上げられていた。善良なる中華街の人たち、菅義偉にいいように使われている。
f:id:ryuuzanshi:20200918150456j:plain
番外ではあるが、横浜、ヨコトリ、この画像で終わることとする。
ニック・ケイヴ《回転する森》。


今日、東証はシステムトラブルを起こした。
終日売買停止となった。バックアップも効かなかったのであろう。
東京証券取引所、すでに上海の証券取引所にアジアの座を奪われている。日本の凋落の印象、どうしてもあるな。

ヨコトリ2020(8) 溶け合う。

f:id:ryuuzanshi:20200924183619j:plain
今回のヨコトリ、メーン会場の横浜美術館とプロット48の南棟と北棟の3会場。何だか分からないを楽しんだ。元々「何じゃこれっ」ってよく分からないことが好きなんだ。
インド人アーティストの3人組・ラクスは、それぞれの作品に何だかんだと言っていたが、彼らは分かっていたのかなー。彼らも「何じゃこれっ」って思っていたのじゃないかな。
f:id:ryuuzanshi:20200918163854j:plain
各会場へ入る時には、検温とプリントアウトした入場券のQRコードを読みこむ。
私たちの入場券は、もちろん級長の小澤が用意したもの。2時に横浜美術館へ入る時に受け取った。
f:id:ryuuzanshi:20200918164005j:plain
プロット48の南棟だったか北棟だったか。
f:id:ryuuzanshi:20200918165019j:plain
ボケているが、この白髪のお年寄りは記憶をなくしつつある作家の祖母。
f:id:ryuuzanshi:20200918165916j:plain
作家のコラクリット・アルナーノンチャイ、バンコク生まれでニューヨークに住む男。
この《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵を描く4》、少しおかしな文章だなと思うが、それより流れる映像が不思議。
《おかしな名前の・・・》、「1」も「2」も「3」もあるようだ。
f:id:ryuuzanshi:20200918165922j:plain
インド人アーティスト3人組・ラクス、こう語る。
「おかしな名前」かどうかは分からないが、物質の腐敗、融合が、と強いて言えば言えるか。
f:id:ryuuzanshi:20200918164918j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918165217j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918165402j:plain
脈絡がない映像が流れる。
f:id:ryuuzanshi:20200918165423j:plain
蓮の花。
作家のコラクリット・アルナーノンチャイ、タイ人である。
f:id:ryuuzanshi:20200918165655j:plain
こりゃなんだ。
f:id:ryuuzanshi:20200918165658j:plain
どこの洞窟の壁画であったか思いだせない。
f:id:ryuuzanshi:20200918165710j:plain
中央の人物はロシア皇帝ではないか。その両側は、何代か前のタイ(シャム)国王と皇太子であろう。
しかし、どうしてここにこの写真が出てくるのか、不思議。
《・・・歴史で絵を描く》ということだから、不思議と考える方がおかしいのかもしれない。
f:id:ryuuzanshi:20200918165812j:plain
油まみれの手でスマホで写真を撮っている。大きなネズミのようなものを。
f:id:ryuuzanshi:20200918165816j:plain
大きなネズミは刑務所の中にいるようだ。
f:id:ryuuzanshi:20200918165823j:plain
<肉体を超えた意識のために>って、この赤ちゃんと思われるゾウさん、死んでいる。
一体全体どういうこと?
最初に出てきた白髪のおばあさんが主人公なのであるが、さまざまなものが混じりあう。過去、現在、未来という時間軸も飛び越え、人と自然も混ざり合う。
歴史をシャッフルして溶け合っているのかな。
おそらく、確実に間違っているのだろうが。
よし、これでいい。
休憩室で暫らく休む。最後のヨコトリこれで終わりだ。
帰ろうとしたら係の人が、「この外にもうひとつ作品があります」と言う。
f:id:ryuuzanshi:20200918172530j:plain
ファーミング・アーキテクツ《空間の連立》。
木製の枠の中に魚が泳ぐ水槽が組みこまれている。
f:id:ryuuzanshi:20200918172652j:plain
今回のヨコトリ、6人で行った。
そうだみんなで写真を撮ろうと言ったら、そういう写真は嫌いだという男がひとりいた。撮られるのはいやだが、撮るのはいいというので、彼にシャッターを押してもらった。
3年前の前回のヨコトリへは7人で来た。その時の仲間の内、伊藤がその後死んだ。久木と山宣は今回不参加であった。石田は入退院を繰り返していて不参加。
3年は長い。次回は考えられない。
f:id:ryuuzanshi:20200918172933j:plain
5時半近く、入場時間は切れる。係員はプロット48の入口を閉め始める。
これでヨコトリも終り、と思ったのだが、実は・・・。


アメリカ大統領選、トランプとバイデンの直接討論、まったくかみ合わないものだったとの大方の報道。
当たり前だ。
この10年間、所得税を2年を除き払わず、その2年も年間750ドルという笑っちゃうようなことをしていたトランプなんだから、まともな討論などできるはずがない。
トランプ、新型コロナから多くのアメリカ人の命を救ったとも言っている。既に20万人を超えるアメリカ人を死に追いやっていながら。
恥ということを知らない男であるから、いまさら何を言っても始まらないが。
しかし、そのトランプが再選されるという識者が何人もいる。
アメリカ人、恥ずかしくないのか、と極東のちっぽけな男が言ってもどうなるものではないが。

ヨコトリ2020(7) UAEとナイジェリア。

f:id:ryuuzanshi:20200924183521j:plain
インド人アーティスト3人組・ラクス・メディア・コレクティヴ、6、70人のアーティストを今回のヨコトリに招いているが、力を入れているのは欧米よりは第三世界(この言葉、古いかな)、発展途上国(この言葉はまだ使われているだろう)、要するにアジアやアフリカなど欧米以外の作家たち。
f:id:ryuuzanshi:20200918163646j:plain
彼ら3人組の言葉。
f:id:ryuuzanshi:20200918162855j:plain
美しい景色だな。平穏な感を受ける。
ファラー・アル・カシミ《ジャジラ・アル・ハヘラ2020》。
f:id:ryuuzanshi:20200918163002j:plain
ラクスの語り。
f:id:ryuuzanshi:20200918163030j:plain
真珠取りたちが精霊たちの伝説を語り継いできたらしい。
f:id:ryuuzanshi:20200918163028j:plain
UAE(アラブ首長国連邦)は7つの首長国で構成されている。
ラアス・アル=ハイマ首長国はそのひとつ。小さな国である。
f:id:ryuuzanshi:20200918162835j:plain
ペルシャ湾に昇る陽であろうか。
f:id:ryuuzanshi:20200918162831j:plain
平和、平穏な感じがする。オイルマネーで潤っているのであろうか。
f:id:ryuuzanshi:20200918162832j:plain
ラアス・アル=ハイマ首長国の女性、ベールは被っているが、顔は覆われていない。魅力的。平らかなんだな。
f:id:ryuuzanshi:20200918164407j:plain
ラヒマ・ガンボ《タツニヤ(物語)》。
この作品も美しい。
f:id:ryuuzanshi:20200918164059j:plain
学校で学ぶナイジェリアの少女の物語。
f:id:ryuuzanshi:20200918164113j:plain
タツニヤ(物語)。
f:id:ryuuzanshi:20200918164132j:plain
たっぷり遊ぶ。
f:id:ryuuzanshi:20200918164208j:plain
もうすぐ休日。目覚まし時計もいらないし、学校の先生もいらなくなる。
f:id:ryuuzanshi:20200918164234j:plain
タツニヤ、タツニヤ。
f:id:ryuuzanshi:20200918164259j:plain
みなさんさようなら。先生さようなら。これから楽しい休日の始まりです。
イスラム過激派・ボコ・ハラムに襲われた学校の生徒たちってことだが、とてもそうは思われない。本当かな。不思議。
f:id:ryuuzanshi:20200918164322j:plain
ナイジェリア北東部マイドゥグリの少女、強い意志を持った目でこちらを見る。


新型コロナウイルスの全世界での感染者は3300万人を越え、死者は今日100万人を超えたそうだ。その2割はトランプのアメリカ。
WHOは、パンデミックは広がっており死者が200万人になることも、と語っている。
多くの人は、たまたまくぐり抜けてきたにすぎないのであろう。私も、貴方も。

ヨコトリ2020(6) R15そして・・・。 

f:id:ryuuzanshi:20200922195314j:plain
ヨコトリへ戻る。
f:id:ryuuzanshi:20200918161911j:plain
係の人がこのドアを開けてくれる。
ひとりずつ中へ入る。
f:id:ryuuzanshi:20200918161901j:plain
R15か。
f:id:ryuuzanshi:20200918161836j:plain
”EAT ME”って何やら分かる。
f:id:ryuuzanshi:20200918161822j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918161831j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918161819j:plain
シュリンプバーガーであろうが、R15のハンバーガー。
f:id:ryuuzanshi:20200918163455j:plain
エル・グレコだな。
f:id:ryuuzanshi:20200918163424j:plain
川久保ジョイ、前回のヨコトリにも参加していた。地球をスライスしたような作品を。土地を考えるってことを思わせる。
f:id:ryuuzanshi:20200918163430j:plain
川久保ジョイ、スペインで生まれている。
エル・グレコの物語の地勢図を構築していく、ということのようだが、はっきり言ってよく解らない。
f:id:ryuuzanshi:20200918163506j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918163516j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918163539j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918162536j:plain
これは鋭い。
f:id:ryuuzanshi:20200918162651j:plain
眼柄除去の道具は左側だが、右側の写真もシャープ。

秋場所千秋楽。

両横綱がいない、大本命と思われていた朝乃山が何と初日から3連敗、大混戦だなこりゃ、という場所であった。
序盤で「団子7兄弟」と記した。
その中で、今年2度も惜しいところで優勝を逃がしていた正代が賜杯を手にした。
f:id:ryuuzanshi:20200927152922j:plain
千秋楽取組み前、優勝を争うのはこの3力士。
一人2敗の正代、今日の相手は翔猿。
新入幕で幕尻の翔猿、昨日は貴景勝、今日は正代という割りである。本人は楽しいと言っているが、如何に何でもこれはきついよ。
f:id:ryuuzanshi:20200926175004j:plain
正代の昨日の一番。朝乃山を押し倒した。
f:id:ryuuzanshi:20200926175039j:plain
朝乃山は土俵下まで吹っ飛んだ。
この一番での正代、協会審判部の親方衆の心証を良くしたであろう。こりゃ大関だ、と。
f:id:ryuuzanshi:20200927153612j:plain
正代、今日の場所入り。
f:id:ryuuzanshi:20200927153630j:plain
背中に大きく「正代」と染め抜かれている。こういう姿も相撲取りならでは。
f:id:ryuuzanshi:20200927172833j:plain
幕尻の新入幕力士に負けるわけにはいかないものね。正代、初優勝。
ところが、実は、正代は翔猿相手に危なっかしい相撲を取った。立ち合い押しこまれて土俵際まで後退した。その後もヒヤリとする場面があった。
優勝インタビューで正代はこう語っている。「今までの相撲人生で一番緊張した」と。負けるワケはないとは思いながらも、ガチガチに硬くなっていたんだ。そうだろうな。
f:id:ryuuzanshi:20200927164351j:plain
琴奨菊、昨日まで2勝9敗3休。今日も敗れた。
前頭11枚目だから、来場所は幕に留まることはできない。十両へ落ちる。どうする琴奨菊。
稀勢・奨菊として数多くの熱闘を繰りひろげてきた稀勢の里は、昨年の1月場所で引退した。今年1月場所ではやはり大関を張っていた豪栄道が引退した。
36歳の琴奨菊、ここらで土俵人生の幕を引くのがいいんじゃないか。そう思う。
f:id:ryuuzanshi:20200927164702j:plain
今日、花道を下がる琴奨菊。
これが現役最後の姿であろう。
世代交代は確実に進んでいる。
f:id:ryuuzanshi:20200927160013j:plain
朝青龍の甥っ子の豊昇龍、12日目まで5勝7敗であったが、最終盤の3日勝ち、8勝7敗と勝ち越した。
朝青龍ほどの猛々しさはまだないが、足腰はいい。粘っこい。
f:id:ryuuzanshi:20200926165130j:plain
昨日の豊昇龍、輝に土俵際に追いつめられながら、掛け投げで輝をひっくり返した。身体はまだ小さいが、まだ大きくなる余地はある。来年の今ごろは三役を狙っているのではなかろうか。
f:id:ryuuzanshi:20200927161859j:plain
1年ほど前、豊昇龍と並び注目を集めていたのは大鵬の孫の納谷。
今場所、幕下4枚目で5勝2敗をあげた。来場所はどうやら十両へ上がることができそうだ。若い芽は出てきている。
f:id:ryuuzanshi:20200927174628j:plain
今場所の星取。
琴奨菊は前述の通りだが、高安は三役復帰、さらに大関復帰も可能であろう。
しかし、栃ノ心はもう無理だし、妙義龍や玉鷲もピークは越えた。
今場所は大きく負け越したが大栄翔、それに霧馬山、隆の勝、琴勝峰などが力をつけてきている。
来場所も二人の横綱は出場しないかもしれない。が、来年の初場所には出てくるだろう。が、白鵬も鶴竜も35歳。出てきたらそこそこの星をあげるのであろうが、それもそう長続きはしない。両横綱とも来年中には引退するであろう。
そうなれば、今の番付けがそのままひとつ繰りあがるようなもの。
朝乃山と貴景勝が横綱で、正代とひょっとしたら隆の勝あたりが大関ということもあり得ないことではない。
ひとり忘れているのではないが、一体全体どういうことなんだという力士がいる。
御嶽海である。私の贔屓力士の御嶽海である。
優勝2回、大関レースの先頭を走っていた御嶽海、今場所の成績は8勝7敗。今日の霧馬山との一番も、やけにあっさりと負けていた。気合が入っていない。
大関レース、後ろから来た貴景勝に抜かれ、朝乃山にも抜かれ、さらに来場所大関となる正代にも抜かれた御嶽海、その心中ズタズタになっているのであろう。
この様子だと、その内隆の勝あたりにも抜かれるかもしれない。
相撲というもの、力自慢の身体のデカい男の勝負であるが、それ故にこそメンタルな側面が多分にある。今場所の御嶽海を見ていて、その思い強くした。
f:id:ryuuzanshi:20200927175957j:plain
理事長・八角から賜杯を受け取る正代の画像で今場所は終わる。


竹内結子が死んだ。40歳。
よく知られた女優である。自死だそう。暫らく前にも女優が自死している。
自死ってことを考える、というより思う。
「あっ、あいつだ」と思った三浦春馬の自死は、酔っぱらったあげくの突発的な自死であったであろう。
先般の藤木孝の自死は、80となった老いに向きあった故のものであったろう。同世代の私、よく解かる。
竹内結子や先般の女優の自死は、死への誘惑が甘美、とても美しいものに見えたのであろう。
それもこの世の戯れだ。

ヨコトリ2020(5) ホルムズ海峡の引き潮(続き)

f:id:ryuuzanshi:20200922195324j:plain
一昨日、急に写真が取りこめなくなった。
何故だか分からない。おそらく何らかのタッチミスがあったのであろうが、よく分からない。途中で打ち切った。昨日は外へ出ていて触れなかった。
今日、やってもみると写真が取りこめる。理由は分からない。が、一昨日の続きを記す。


ペルシャ湾とオマーン湾の間にホルムズ海峡がある。
ペルシャ湾岸諸国で産出される石油を積んだ大型タンカーが行き来する。中国や日本、またインドや韓国もその生命線はホルムズ海峡である。
そのホルムズ海峡のイラン側すぐのところにケシュム島がある。
そのケシュム島での日常。
一昨日は、ここまでであった。
f:id:ryuuzanshi:20200918150032j:plain
白い布。
f:id:ryuuzanshi:20200918150006j:plain
ホルムズ海峡、ケシュム島の引き潮のとき。
f:id:ryuuzanshi:20200918150014j:plain
ラクスの3人組、こう語る。
f:id:ryuuzanshi:20200918145831j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918145840j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918150013j:plain
f:id:ryuuzanshi:20200918150036j:plain
白い布を被ったケシュム島の男。
f:id:ryuuzanshi:20200918150049j:plain
漁民なんだな。
f:id:ryuuzanshi:20200918150105j:plain
棕櫚の葉を手にした男は農夫か牧夫か。
f:id:ryuuzanshi:20200918150107j:plain
一朝ことあれば、イランはホルムズ海峡を封鎖する。
壊し屋・トランプはイランをそこへ追いこんでいる。
f:id:ryuuzanshi:20200918150140j:plain
アメリカ、トランプは、英仏独ロ中の反対もものかわイラン核合意から勝手に離脱し、イランを追いつめる。トランプ、世界の秩序を次々にぶっ壊していく。
昔、30年ぐらい前か、もっと前か、クラッシャー・リソワスキーというプロレスラーがいた。荒々しい壊し屋であったが、どこか憎めないレスラーであった。
しかし、クラッシャー・トランプは憎々しげな壊し屋であることを思い出す。
f:id:ryuuzanshi:20200918150144j:plain
ケシュム島の漁師や農夫、牧夫たちの踊りは趣き深い。
f:id:ryuuzanshi:20200918150220j:plain
笛を吹く男。
テヘランなどイラン北部の人たちとは、その面貌は異なる。
f:id:ryuuzanshi:20200918150239j:plain
ホルムズ海峡を通るタンカーなんてどこにある。
f:id:ryuuzanshi:20200918150305j:plain
心安らぐ引き潮。


一昨日、ジュリエット・グレコの死が報じられた。享年93。
youtubeでジュリエット・グレコの映像を見る。「枯葉」、「パリの空の下」、「きかせてよ、あの愛の・・・」。
シャンソンの歌い手、男ではシャルル・アズナブール、女ではジュリエット・グレコだったな。パリで、シャルル・アズナブールのコンサートに行ったことはある。が、ジュリエット・グレコのコンサートを見たことはない。
セーヌ左岸、サンジェルマン・デ・プレ。サルトル、コクトー、マイルス・ディヴィス、・・・。
黒の衣装、思いに残る。

ヨコトリ2020(4) ホルムズ海峡の引き潮。

ペルシャ湾とオマーン湾の間にホルムズ海峡がある。
ペルシャ湾岸諸国で産出される石油を積んだ大型タンカーが行き来する。中国や日本、またインドや韓国もその生命線はホルムズ海峡である。
そのホルムズ海峡のイラン側すぐのところにケシュム島がある。
そのケシュム島での日常。