藤田・早見・戦争画。

先帝・上皇と上皇后の世界平和を願うお気持ちを、新しい天皇皇后も引き継がれた日本は平和な国である。
ベルリンの壁崩壊30周年のドイツ、国内の旧東西格差が埋まらず平和とは言えない模様。不満を抱く人たちが右翼政党の支持基盤となっている。旧東側の国々ばかりじゃなく、ヨーロッパ中に平和を乱す動きが蠢いている。あちこちの国に旧ナチもどきの右翼、右翼が生まれている。ヨーロッパでこれなら、他は言わずもがな。世界中が平和とは逆方向に進んでいる。世界最強のアメリカはあの男の登場以来、もちろんそのトップを走っている。逆方向への。
平和な国は日本だけってことになるのかな。世界平和を願う、心優しい天皇皇后両陛下がおられるのであるから。
3日前、杉浦の作品集の封書が送られてきたその何日か前、吉岡から封書にしては分厚い郵便物が届いた。吉岡も杉浦と同じく早稲田美研60-70の古い仲間である。
中を開けると、見たこともない雑誌が出てきた。
f:id:ryuuzanshi:20191109152310j:plain
これである。
『游魚』(西田書店 2019年11月11日刊)。
<言葉とヴィジュアルの交差>とサブにある。
美術論、芸術論と、モノクロが多いが写真ページを多く挟んだ書である。No.7とあるから第7号なんだ。売れることなど眼中にない、という突っ張った誌面が300ページ弱続いている。
吉岡の手紙が挟まれている。
ブログを拝読しているが、腰に続いて足の骨も折れたとのこと、・・・。気晴らしにと思い、いや気晴らしにならないかもしれませんが、丁度出た雑誌に私の原稿が掲載されていますので、退屈な時に・・・、・・・、と記されている。
f:id:ryuuzanshi:20191109152533j:plain
早見堯(早見のことも今まで何度も取りあげた。早見堯、吉岡の筆名である)藤田嗣治の戦争画「神兵の救出到る」をめぐって。
「循環する眼差し」の①のようだ。
早見堯(吉岡)からは、時折りメールが来る。
昨年3月に来たメールは長いものであった。あまりに長いので文字数を数えてみたら、55字づめで60行前後あった。トランプと金正恩の米朝会談の話から藤田嗣治の戦争画「神兵の救出到る」に移っていった。藤田嗣治の戦争画は私も近代美術館などで見ている。その少し前、肺炎で12日間入院してピョンチャン五輪を病院のベッドで見ていた私、退院後、「病床五輪」を連載していたが、その中で藤田の「神兵の救出到る」についての早見堯の論考を紹介している。
たしか、それ以前、2015年の早見堯の古いブログ「見ることの誘惑 終わりなき眼差し」の早見の「神兵の救出到る」の記述も紹介したように思うが。
f:id:ryuuzanshi:20191109152639j:plain
藤田嗣治の戦争画「神兵の救出到る」は1944年の作である。
客観的に見て、太平洋戦争・大東亜戦争での日本の敗戦が決まっていた頃の作。
f:id:ryuuzanshi:20191109152718j:plain
早見堯、以前のものとは別の角度から藤田嗣治の戦争画「神兵の救出到る」を考え、問題を絞って書き直した、と手紙にある。
f:id:ryuuzanshi:20191109152817j:plain
その理解を助けるためにとして、プリントアウトした紙片が6枚同封されている。
f:id:ryuuzanshi:20191109152847j:plain
画面の組み立て、矩形の云々、・・・。
画面左に日本兵。
欧米列強に虐げられてきたアジアの国々から、それらの国々を解放するんだ。欧米列強を追い払う。大東亜共栄圏を目指す。
大東亜。
アジアの国々の欧米の植民地からの解放、言葉だけはきれいごと。日本は石油が欲しかった。
f:id:ryuuzanshi:20191109152956j:plain
早見堯、「神兵の救出到る」の画面をあちこちから見つめ直す。
日本の神兵が、オランダ人に捕えられていたジャワ島の少女を救出する。マリアを救出する天使ガブリエルのように、と。
f:id:ryuuzanshi:20191109153144j:plain
藤田嗣治の戦争画の代表作である1943年の「アッツ島玉砕」と会田誠の2001年の「ジューサー・ミキサー」。
藤田嗣治の戦争画は、現代の作家にさまざまな影響を与えている。
f:id:ryuuzanshi:20191109153118j:plain
「神兵の救出到る」と「受胎告知」との関連性。
鉛筆で矢印が引かれ、「猫」と記されている。
<キリスト教の「受胎告知」の図像では、猫はしばしばマリアにとりついている悪魔のメタファーとして描かれている>、と早見堯。「神兵の救出到る」にも猫がいる。<そうだとしたら、眩惑的なここでの猫は、実はオランダ人の化身だということになる>、と早見。
f:id:ryuuzanshi:20191109152357j:plain
表4の下部。
早見堯の他、私が知る名は金石範ただひとりであった。
巻末の著者プロフィールによれば、皆さまそれぞれに活動されている模様。
谷川渥の聖地紀行は「エルサレム行」。ああ、エルサレムへも行きたかった。もう難しいが。
安達史人の「天皇学入門」が面白かった。「われわれ日本人は天皇をどう捉えてきたのか」、と。

祝賀御列の儀。

秋晴れの下、祝賀御列の儀が行われた。
f:id:ryuuzanshi:20191110144750j:plain
パレード出発時刻が近づく。
宮殿車寄せには、トヨタ・センチュリー・ロイヤルを改造したオープンカーが待機している。
日本政府は、いわゆる相見積りとは異なるようだが、トヨタ、ニッサン、ホンダ、それにロールスロイス、ベンツの5社に、企画書というか提案書を依頼したようだ。まあしかし、トヨタに発注するのが妥当だろう。ニッサンになんか発注したら、国民が怒るよ。ま、日本政府、一応形を作ったのだろう。初めからトヨタありきではありませんよ、という。
天皇旗がはためく。
f:id:ryuuzanshi:20191110144936j:plain
天皇旗。
f:id:ryuuzanshi:20191110145758j:plain
2時57分、天皇皇后両陛下が宮殿から出てこられ、次いで秋篠宮ご夫妻も。
この右側には既に、日本国総理大臣・安倍晋三、官房長官・菅義偉、そして3人の官房副長官が並んでいる。
f:id:ryuuzanshi:20191110150005j:plain
3時丁度、天皇皇后は車の中へ。
宮内庁楽部が演奏する奉祝行進曲『令和』の響の中、オープンカーはゆっくりと動きだす。
f:id:ryuuzanshi:20191110150249j:plain
ここはまだ皇居内。
f:id:ryuuzanshi:20191110150333j:plain
このようなコース、全長4.6キロを30分かけて進む。
f:id:ryuuzanshi:20191110150459j:plain
皇居前広場を進む。
車列は白バイやサイドカーも合わせ46台。400メートルに及ぶそう。
f:id:ryuuzanshi:20191110150707j:plain
警視庁音楽隊、自衛隊音楽隊はじめ4.6キロの沿道に、何と10に及ぶ音楽隊を配したそうだ。
f:id:ryuuzanshi:20191110150802j:plain
桜田門を過ぎたあたりか。
f:id:ryuuzanshi:20191110150824j:plain
政府は、今日の沿道の人の数、11万9000人と発表した。平成の先帝の時のパレードよりやや多く。
皆さん、スマホをかざしている。
昨日から泊まりこみで来た人や、夜行バスで今朝早く着いたという人もいる。そのような人のスマホには、せめて1枚でも両陛下のお姿が写っていればと思うが、いや大変だ。
f:id:ryuuzanshi:20191110151157j:plain
警備は厳重だ。
警視庁は全国の警察からの応援も含め2万6000人を動員したという。
f:id:ryuuzanshi:20191110152222j:plain
青山通りか。あちこちに音楽隊がいて、奉祝行進曲『令和』を演奏している。
f:id:ryuuzanshi:20191110152253j:plain
上皇后・美智子さまから引き継がれたティアラをつけた皇后・雅子さま。
f:id:ryuuzanshi:20191110152332j:plain
手を振る天皇皇后。
f:id:ryuuzanshi:20191110153027j:plain
権田原の交差点を曲がると一般の人は入ることができない。
自衛隊の儀仗隊が、着剣捧げ銃の栄誉礼で迎えた。
f:id:ryuuzanshi:20191110153148j:plain
ほぼ時間通り赤坂御所へ入られる。
f:id:ryuuzanshi:20191110153418j:plain
宮内庁楽部の君が代の演奏。
f:id:ryuuzanshi:20191110153525j:plain
会釈をして御所へ入られる。
皇后・雅子さまの頬が、優しく緩まれるように見えた。


ひとつ残念なことがあった。
今日のNHK、パレードの2時間前から番組を組んでいた。所縁の人などを招いて。
夕方のNHKニュースで出てくる瀧川剛史と上原光紀のふたりが、司会進行を務めていた。NHKの7時のニュースや今日のこのような行事のMCを務めるのであるから、NHKのエリートアナなのであろう。
しかし、瀧川剛史、オブラートに包んだようなことを言う。発する言葉自体もそう。真綿にくるんだような声で。天皇皇后のことを話すにはそのような声や発声がいい、と思っているらしい。天皇皇后の国民に寄り添う優しさということを、これでもかこれでもかとオブラートに包んだような声で言う。気持ち悪かった。逆効果だ。
瀧川剛史、思い違いも甚だしい。
招かれていた皆さま、先帝の退位に関する有識者会議の座長代理を務めた御厨貴や、天皇の学習院での同級生という人や、天皇皇后のテニス仲間である佐藤直子などが大らかに語っていたのと大違い。
NHKも少し考えてくれ。

杉浦良允の軌跡。

昨日、15、6人のお祝いの席に招かれていた。久しぶりでスーツを着て出かけた。杖を使っているが、ゆっくりと歩いて。
夜、酔って戻ってくると、杉浦からの封書が届いている。お、杉浦のあれだなと思い封を切ると、やはりあれであった。
杉浦良允、今年の初めの頃、作品集を作るんだと話していた。久木にお袋の遺歌集を作ってもらった私は、「あ、それならば久木に頼め、久木は編集も造本も上手いぞ」、と杉浦に言った。
杉浦も久木もこの「流山子雑録」には何度も出てきている古い仲間である。杉浦、初めの頃は久木に相談していたようだ。が、その後ふたりと会った時など、どうもそうでもない感じが雰囲気で分かるようになった。杉浦もクリエーターをやっていたので、どうも全面的に任せることには抵抗があったのではないか、と思っていた。その気持ちもよく解かる。
f:id:ryuuzanshi:20191109150631j:plain
昨日夜、封を切って出てきたあれは、これである。
『杉浦良允の軌跡』。
200mmX210mmであるから、A4判変型。32ページ。
いつか杉浦と会った時、もう少し厚くしたらどうかと言ったが、杉浦はもうそれで進んでいると話していた。
それはそれとし、昨日届いた32ページの作品集、とても美しい。
f:id:ryuuzanshi:20191109150837j:plain
最初のページ。
1965年、1966年の作品。実は、あまり明確な記憶がない。
杉浦は、早稲田の美術研究会というサークルの1年後輩である。が、卒業年次でいえば、卒業まで8年かかった私の3年先輩にもあたる。この1965年や66年という頃は、私は休学し結核療養所に入っていた頃。おそらく見ていない。
f:id:ryuuzanshi:20191109150858j:plain
シェル賞の佳作に選ばれたこの作品が、杉浦の原点であろう。
f:id:ryuuzanshi:20191109150936j:plain
1966年のサトウ画廊での個展でのこの作品も、こうして見ると息づいている。
f:id:ryuuzanshi:20191109151032j:plain
1969年、銀座ルナミ画廊個展での作品。
この頃は娑婆に復帰していた私も見ている。
杉浦、大らかに飛んでいる。
この後40年近く、早稲田美研60-70のグループ展などへの出品はあるが、絵描きとしての杉浦良允の雌伏の時が続いたと言えるかもしれない。
杉浦、サラリーマンとして飯を食ってきた。この間、私は杉浦を誘い、イスタンブールを皮切りに何度も海外へ行った。数えてみたらアジア、アフリカ、アメリカ、10回にわたり杉浦を誘って行っている。思うに、杉浦と一緒にどこかに行くのが好きだったっだんだ、私は。
f:id:ryuuzanshi:20191109151107j:plain
前回個展から40年近く経っての2007年、銀座シロタ画廊での個展。
f:id:ryuuzanshi:20191109151143j:plain
このページも。
f:id:ryuuzanshi:20191109151212j:plain
素晴らしい色づかいじゃないか。
f:id:ryuuzanshi:20191109151221j:plain
杉浦、模索している。
f:id:ryuuzanshi:20191109151255j:plain
2008年、京橋「村松画廊」での個展出品作。
≪Three Wings≫。木材、アクリル。
どこへ羽ばたいているのだろう。三つの翼で。
色彩も素晴らしい。この色づかいならどこまでも飛んでいくよ。
f:id:ryuuzanshi:20191109151436j:plain
2012年、銀座「ギャラリーオカベ」個展出展作。
f:id:ryuuzanshi:20191109151451j:plain
左は、、≪Hexagon Work G≫。右は、≪Hexagon Work R≫。
f:id:ryuuzanshi:20191109151521j:plain
制作年の記載がないが、杉浦、5、6年前、木を使った立体を作っていた。
f:id:ryuuzanshi:20191109151532j:plain
幾何と言えば幾何、単純と言えば単純なのだが、何か不思議なものであった。
f:id:ryuuzanshi:20191109151552j:plain
2015年の作品≪流れのぼる意思≫。
f:id:ryuuzanshi:20191109151608j:plain
流れのぼる。
f:id:ryuuzanshi:20191109151657j:plain
同年の≪吹き出す意思≫。
f:id:ryuuzanshi:20191109151634j:plain
吹き出す。
f:id:ryuuzanshi:20191109151726j:plain
最終ページ。
f:id:ryuuzanshi:20191109151736j:plain
今年初めの早稲田美研60-70展に出品されていたこの作品で、「杉浦良允の軌跡」は終わる。
f:id:ryuuzanshi:20191109150905j:plain
それにしても50年以上前、54年前のシェル美術賞展佳作の杉浦のこの作品、素晴らしい。
50年後の作品を凌駕する。
時代、年代っていうことは、そういうことなんだろう。


今日、ベルリンの壁が崩壊して30年となる。
ベルリンではメルケルも出席、記念の式典が催されているらしい。
ベルリンへは壁崩壊後であるが2度行き、残された壁を目にした。


今日、東京では天皇即位を祝う「国民祭典」が催されていた。
f:id:ryuuzanshi:20191109182911j:plain
皇后・雅子さまがお元気なご様子、とても嬉しい。
f:id:ryuuzanshi:20191109182918j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109183047j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109183229j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109183517j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109183844j:plain
おことば。
f:id:ryuuzanshi:20191109184239j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109184323j:plain
f:id:ryuuzanshi:20191109183818j:plain
皇居前広場のすぐ後ろは大手町のビル群。

リーチ、そして(続き)。

f:id:ryuuzanshi:20190920182947j:plain
f:id:ryuuzanshi:20190920180110j:plain
「リーチ、そして」のジャパンを。
f:id:ryuuzanshi:20190920201351j:plain
リーチ、ラブスカフニ、ムーア、そして堀江。
フォワードだ。
f:id:ryuuzanshi:20190928175038j:plain
ジャパンの兄貴分であるトンプソン。
今回で代表からの引退を表明している。
f:id:ryuuzanshi:20190928182040j:plain
田中史郎もおそらく今回が代表最後であろう。
W杯、3回も出ているのだから。流大へのバトンタッチも成したし。
f:id:ryuuzanshi:20190928182028j:plain
笑わない男・稲垣、泣かないとも言っているが、ラブスカフニに抱かれた稲垣、涙が出ているよ。
f:id:ryuuzanshi:20190928182224j:plain
中島イシレリと福岡。
f:id:ryuuzanshi:20191005193907j:plain
PGを狙う田村優。
f:id:ryuuzanshi:20191013214402j:plain
ジャパンのフッカー・堀江翔太。
f:id:ryuuzanshi:20191014173217j:plain
松島幸太朗。
f:id:ryuuzanshi:20191014175942j:plain
福岡堅樹。
松島と共にツー・フェラーリと言われた。
f:id:ryuuzanshi:20191014175832j:plain
堀江、福岡、松島、ラブスカフニ。
f:id:ryuuzanshi:20191014183528j:plain
中島イシレリだ。
f:id:ryuuzanshi:20191020191331j:plain
姫野、具、ラファエリ、そしてラブスカフニ。
f:id:ryuuzanshi:20191020204725j:plain
中島イシレリ、いやー存在感がある。
f:id:ryuuzanshi:20191020214320j:plain
ラファレリ、松島を抱く。
f:id:ryuuzanshi:20191020205233j:plain
具智元、堀江翔太、中島イシレリ、フロントローだ。
f:id:ryuuzanshi:20191005205351j:plain
スクラム。
f:id:ryuuzanshi:20191014184005j:plain
スクラム。
f:id:ryuuzanshi:20191014184018j:plain
スクラム。
f:id:ryuuzanshi:20191014183515j:plain
スクラム。

リーチ、 そして。

ラグビーW杯日本が終わってしまってから4日となる。
ここ暫らくほとんど外へ出ないので気がめいる。出るのは病院のみ。外も内も少しずつ削られていく頃となった。
f:id:ryuuzanshi:20190928154124j:plain
<4年に一度じゃない、一生に一度だ>、という惹句があった。スタジアムで観戦する人たちに対する言葉であったが、テレビ観戦の者にとっても一生に一度であった。
ラグビーW杯、面白かったな。
f:id:ryuuzanshi:20190920193917j:plain
9月20日の大会初戦、ロシア戦のゲーム前、ロッカールームで円陣を組むジャパン。
f:id:ryuuzanshi:20190920194141j:plain
キャプテン、リーチ・マイケルを先頭にグラウンドへ。
f:id:ryuuzanshi:20190928170545j:plain
ジャパン、何と言ってもリーチ・マイケルであった。
リーチのジャパンであった。
f:id:ryuuzanshi:20190928174215j:plain
第2戦のアイルランド戦でのリーチ。肩を痛めた。
f:id:ryuuzanshi:20190928174216j:plain
この表情。
f:id:ryuuzanshi:20190928174305j:plain
しかし、リーチだ。
f:id:ryuuzanshi:20191005201923j:plain
第3戦、サモア戦でのリーチ。
f:id:ryuuzanshi:20191005204102j:plain
リーチ。
f:id:ryuuzanshi:20191013203148j:plain
第4戦、スコットランド戦でのリーチ。
f:id:ryuuzanshi:20191013211542j:plain
リーチ、この時も肩を痛めるが・・・
f:id:ryuuzanshi:20191014175731j:plain
リーチ、タックル。
f:id:ryuuzanshi:20191013212554j:plain
スコットランドの巨漢選手、田村優につめ寄り小競合い。
腕力自慢の姫野が押さえる。が、よく見ると、スコットランド選手の後ろにリーチが。
f:id:ryuuzanshi:20191020191350j:plain
ベスト8、準々決勝、南ア戦である。
君が代を歌うリーチ。
f:id:ryuuzanshi:20191020191640j:plain
ゲーム前の円陣でのリーチ。
f:id:ryuuzanshi:20191020191645j:plain
リーチ、トンプソンとラフスカフニのフォワード2人に何やら語る。
f:id:ryuuzanshi:20191020201439j:plain
南アにはコテンパンにやられる。
f:id:ryuuzanshi:20191020212808j:plain
リーチ、ジャパニーズ・マフィア別名笑わない男・稲垣を抱く。
f:id:ryuuzanshi:20191020214415j:plain
子供たちとの景色もあった。
「そして」は明日にする。


マリー・ラフォレが死んだ。
f:id:ryuuzanshi:20190424190934j:plain
今年3月下旬から4月上旬にかけ具合が悪かった。4月下旬から出歩くようになった。23日にはJPタワーのインターメディアテクへ行き、25日には新美術館へウィーン・モダン展とトルコ至宝展を見に行っている。その間の24日に、どういうことだかマリー・ラフォレの写真をコピーしている。どうしてなのか思い出せない。その時、どうしてなのかな。
このような。
マリー・ラフォレ、ルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』で現れた。アラン・ドロンの相手役として。今ひとり、殺されるモーリス・ロネもカッコよかった。
が、何といってもマリー・ラフォレであった。
f:id:ryuuzanshi:20190424190740j:plain
マリー・ラフォレ、その目に魅了された。
その瞳、ブルー、グリーン、時として透明なグレーに見えた。
ずいぶん昔、五木寛之が書いたものを思い出した。
ある時五木がパリに行った時、たまたまマリー・ラフォレのコンサートがあるのを知った。その日の予定はあったのだがキャンセル、マリー・ラフォレの歌を聴きに行ったそうだ。その頃のマリー・ラフォレ、酒、男、薬、良くない噂が多かったという。
マリー・ラフォレ、やせ細った身体で酒のグラスを手に舞台に出てきたそうだ。頽廃美、五木寛之、堪えられなかったろう。
私は今日、youtubeでマリー・ラフォレの歌を聴いていた。
「朝日のあたる家」、サン・トロペが繰り返される「赤と青のブルース」、「夜霧のしのび逢い」、「Viens Viens」、・・・。
マリー・ラフォレ、スイスで死んだ。享年80。
あと1年少しで私も80となる。
なるかな。
はなはだ心許ない。

南ア勝つ。W杯終わる。

ひと月半、楽しませてもらった。
f:id:ryuuzanshi:20191102204101j:plain
ラグビーW杯日本2019、今日が最終日、決勝戦。
f:id:ryuuzanshi:20191102173503j:plain
イングランド対南アフリカ。
オールブラックスを破ったイングランド有利の声が多い。が、私は日本がコテンパンにやられた南アフリカに肩入れする。
その実情は知らない。が、長い歴史の中、キャプテンに初の黒人を選んだ民族融合の南アフリカチームに。
f:id:ryuuzanshi:20191102175548j:plain
決戦の時はきた。
イングランドのキャプテンは、オーレン・ファレル。南アフリカのキャプテンは、シヤ・コリシ。
f:id:ryuuzanshi:20191102180615j:plain
激しい肉弾戦である。
f:id:ryuuzanshi:20191102181042j:plain
フォワード8人の総体重。
イングランドは920kg、1人当たり平均115kg。南アフリカは900kg、1人当たり平均112.5kg。
f:id:ryuuzanshi:20191102184349j:plain
共にディフェンスは堅い。
トライが奪えるようなゲームではない。共にPGのみの得点である。
31分過ぎ、南アフリカゴール前のイングランドの攻撃は凄かった。重量フォワードで何度も何度も突っ込んだ。今日の中継、フェーズ数がでなかったが、恐らくフェーズ20を超える猛攻であった。しかし、南アフィフティーン、ことごとくはね返す。
イングランド、最後にはPGでの得点を選択するより他なかった。
f:id:ryuuzanshi:20191102185023j:plain
南アが常に先行してゲームは進む。
f:id:ryuuzanshi:20191102190501j:plain
すべてPGによる得点、南ア12点対イングランド6点で前半は終わる。
南アが押しているように感じたが、ボール支配率やテリトリーなど、まあそこそこ。
f:id:ryuuzanshi:20191102191714j:plain
英国のヘンリー王子の姿が流れた。秋篠宮と並んで観戦している。イングランドの応援に駆けつけた。
f:id:ryuuzanshi:20191102193336j:plain
PGの取りあいである。
後半22分、スコアは南ア18点対イングランド12点。すべてPGでの得点。
南アのSO・ポラード、50メートル以上のところからPGを狙う。さすがこれは入らなかったが。
f:id:ryuuzanshi:20191102193432j:plain
後半23分、南アのキャプテン・コリシ、交代する。
f:id:ryuuzanshi:20191102193723j:plain
後半26分、このゲーム初となるトライが生まれる。
南アのウィング・マピンピ、パントキックからトライを挙げる。
f:id:ryuuzanshi:20191102193725j:plain
デクラークすぐさま駆けつける。デクラーク、何ごとによらず反応が速い。
f:id:ryuuzanshi:20191102194804j:plain
さらに後半34分、南アの高速ウィング・コルビ、イングランドのディフェンスを切り裂きトライを挙げる。
ダメ押しのトライである。
f:id:ryuuzanshi:20191102195110j:plain
ノーサイドまであと3分。
f:id:ryuuzanshi:20191102195116j:plain
ジャパンはじめ対戦したすべてのチームを悩ませてきた南アのSH・デクラークが交代した。
南ア、勝利を確信、余裕である。
f:id:ryuuzanshi:20191102195412j:plain
あと10秒でノーサイド。
f:id:ryuuzanshi:20191102195434j:plain
ヘンリー王子、南アフリカの大統領・ラマポーザと抱き合い祝意を示す。
常々思うが、英国王室の懐の広さだな。
f:id:ryuuzanshi:20191102195521j:plain
ノーサイド、32対12。
f:id:ryuuzanshi:20191102195602j:plain
デクラークもイングランドのキャプテン・ファレルと抱きあう。
f:id:ryuuzanshi:20191102195925j:plain
後の場で南アのキャプテン・コリシ、こう語る。
「さまざまな民族や文化が融合して南アフリカを作っている」、と。
f:id:ryuuzanshi:20191102201040j:plain
優勝チームへ渡すエリス杯を持って待つ前回大会優勝国・ニュージーランドのキャプテンの許へ、車に乗ったリーチ・マイケルが。
ニクい演出である。しかし、ジャパン・日本の国民にとっては何となく嬉しい。
f:id:ryuuzanshi:20191102201155j:plain
表彰式のプレゼンターが待つ。
国際ラグビー協会の会長、今回大会の名誉会長である秋篠宮、そして日本国総理・安倍晋三。
f:id:ryuuzanshi:20191102202323j:plain
表彰を受けた南アの選手、弾けた。
f:id:ryuuzanshi:20191102202458j:plain
「JAPAN日本2019」である。
f:id:ryuuzanshi:20191102202829j:plain
南アキャプテン、シヤ・コリシ、子供を呼び寄せていたようだ。お兄ちゃんと妹の女の子。
リーチ・マイケルの娘も可愛かったが、シヤ・コリシの子供も可愛い。このぐらいの子供、みな可愛い。うちの孫坊主も電車やバスの中で行きあう子供も、みな可愛い。2、3歳、また4、5歳の子供で可愛くない子供はいない。みな可愛い。
f:id:ryuuzanshi:20191102203304j:plain
南ア、ヨハネスブルクの場景が流れた。ラグビーW杯の南アの優勝に皆さん飛びあがっている。
しかしよく見ると、ここに映っている人は白人ばかり。たまたまってこととも思えない。南アのキャプテン、シヤ・コリシの言葉とは何となく、どこか、少し違っているような気もしているのだが。
終わりの終わりでちょっと引っかかったかな。
f:id:ryuuzanshi:20191102204031j:plain
ラグビーW杯日本2019、シヤ・コリシのこの顔で終わる。

W杯3位決定戦。

ラグビーW杯、今日は3位決定戦。
準決勝でイングランドに敗れた王者・ニュージーランドがウェールズを破った。ダブルスコア以上で。
が、その前に琉球。
f:id:ryuuzanshi:20191101213824j:plain
昨日、首里城が焼失した。文字通り焼け落ちた。
f:id:ryuuzanshi:20191101213732j:plain
琉球、沖縄、何度どれだけ焼ければいいのか。琉球を思う。
昨日は内科の病院へ行っており、そこでもあまり芳しい話がでなかったので、琉球に思いを寄せつつも焼酎ばかりを飲んでいた。
琉球王国、中国王朝と日本の間でバランスをとって生きていた。が、1609年、薩摩の侵攻を受ける。そして1879年(明治12年)の日本による琉球処分。琉球は日本に組みこまれる。日本への併合である。
理不尽なことであるが、このようなことは今でも世界中あちこちにある。その最たるものは中国によるチベットや新疆のウイグルの併合であろう。
日本本土で唯一地上戦を戦ったのも沖縄であった。首里城も徹底的に破壊された。何十年もかけやっと復元した。
20年前後前、首里城へ行った。「城」とは言ってもヤマト・日本内地の城とはまったく異なる。琉球は歴代中国王朝の冊封国であった。首里城、故宮・紫禁城のミニチュアという印象がある。色の鮮やかさは異なるが。
首里城、ヤマトとは異なるウチナンチューの心のよりどころであった。それが焼け落ちた。
悲しい。


f:id:ryuuzanshi:20191101195000j:plain
ラグビーW杯日本2019、3位決定戦。
f:id:ryuuzanshi:20191101175255j:plain
ニュージーランド対ウェールズ。
両国のキャプテン、共にこのゲームで代表チームのキャプテンを下りる。共に34歳。
ニュージーランドのキャプテン、キアラン・リード、キャップは100を超える。ウェールズのキャプテン、アラン・ウィン・ジョーンズ、キャップはなんと140を超える。
f:id:ryuuzanshi:20191101175940j:plain
ニュージーランド、オールブラックスのハカ。今回大会最後のハカとなる。「カマテ」である。
準決勝の折りのイングランドはハカに対するにV字形をとった。ハーフウェーラインを越えて。イングランド、罰金を科せられた。大した額じゃないが。
今日のウェールズは、横一線でハカに応じた。
f:id:ryuuzanshi:20191101175938j:plain
オールブラックスの今日のハカ、このゲームで代表を退くキャプテン、キアラン・リードが先導した。気合が入っていた。
f:id:ryuuzanshi:20191101180001j:plain
ハカ・・・
f:id:ryuuzanshi:20191101180002j:plain
マオリの儀式である。
f:id:ryuuzanshi:20191101180013j:plain
ハカ、終わる。
f:id:ryuuzanshi:20191101180924j:plain
前半5分、ニュージーランドはフォワードで繋ぎフロントロウ、プロップのムーディーが巨体を揺らしトライ。
コンバージョンゴールも決まり、7-0。
f:id:ryuuzanshi:20191101181211j:plain
フォワード8人の総体重は、ニュージーランド921kg、1人平均115kg、ウェールズは882kg、1人平均110kg。
迫力ある。
f:id:ryuuzanshi:20191101181800j:plain
前半13分、ニュージーランドFB、ボーデン・バレット、鮮やかなトライ。コンバージョンゴールも決まる。
ボーデン・バレット、196センチ、96kgの均整のとれた身体。カッコいい。
これで14-0。
f:id:ryuuzanshi:20191101182355j:plain
19分、ウェールズもFB、エーモスがトライ。ゴールも決まり14-7。
27分にはPGを決め14-10と迫る。
f:id:ryuuzanshi:20191101183827j:plain
33分、NZのウィング・スミスがトライ。
前半終了直前にもNZトライ。NZ、前半を28対10で折り返す。
f:id:ryuuzanshi:20191101190145j:plain
前半が終わった後、上皇ご夫妻の姿が現れた。
上皇ご夫妻のラグビー観戦は、初めて見る。
お元気なご様子である。心、和む。
f:id:ryuuzanshi:20191101190515j:plain
後半2分、NZ、トライ。
f:id:ryuuzanshi:20191101192525j:plain
後半19分、ウェールズのウィング・アダムズが今大会通算7本目のトライを挙げる。
f:id:ryuuzanshi:20191101192613j:plain
このように。
f:id:ryuuzanshi:20191101192631j:plain
このウェールズの11番のアダムズ、トライランキングのトップに立つ。
それにしてもトライ数ベスト5の中にジャパンのトライゲッターの二人、松島幸太朗と福岡聖樹が入っている。凄い。
f:id:ryuuzanshi:20191101194154j:plain
NZとウェールズのテストマッチ、NZ・オールブラックスが圧倒的に勝っている。W杯でも3-0。
f:id:ryuuzanshi:20191101194402j:plain
後半36分、NZのSO・モランガがダメ押しのトライ。
f:id:ryuuzanshi:20191101194826j:plain
終わってみれば40対17。
NZ・オールブラックスの圧勝であった。


今日、東京五輪のマラソンと競歩についての4者協議。
IOCの決定は覆るものではない。
小池百合子、せめてもの抵抗、「合意なき決定」と語る。